FAQ

1. Low-Eガラスとは?
Low-Eガラスとは 低放射ガラスと言う意味で、ガラスの表面に低放射膜をコーティングしたガラスの一種であります。建物に入ってくる赤外線を反射するために、ガラスのエネルギー効率とU値を向上させます。主に住宅や商業用建物に使用されています。

2.一般にLow-Eガラスは表面#2、表面#3に利用されています。最適の太陽光性能を得るために表面コーティングは?
ほとんどの建物には表面#3 Low-Eガラスを使用して、熱を効率的に反射しています。商業用ビルには冷暖房費が高いです。表面#2 Low-Eガラスの場合、冬は暖房熱を外に逃がさなく、夏は太陽熱の侵入を遮断する為に、冷暖房費を大幅に削減することができます。着色LowE#3でコーティングまたはソーラーコントロールの#2 コーティングがほとんどです。

3. 倍強度ガラスと強化ガラスの違い点があり、どんなガラスが最適ですか?
強化ガラスと倍強度ガラスは、製造過程が似ています。 違い点は、製造工程でガラス表面に応用されて圧縮応力が異なります。強化ガラスは破損しても破片が細かい粒状になる安全ガラスです。倍強度ガラスは破損した場合、焼き鈍しガラスに近い割れ方になり、安全ガラスとして使用できません。合わせガラスに製作した場合、安全ガラスとして使用可能です。

倍強度ガラスは、非常に高い安全性が求められていない場所に使用可能です。強化ガラスと倍強度ガラスは、アニールガラスに比べて強度が高く、耐熱性に優れています。また、アニールガラスとは異なり、カットまたは穿孔を使用しなく、エッジの研磨、サンドブラスト、酸エッチングなどはガラスの強度を低下させる為に、容易に変形することができます。

4. プロジェクトにガラスを利用する場合、どんな要因が考慮されるべきでしょうか?
ガラスの仕様は複雑で長いプロセスになることができます。設計チームと建築家は外観、光透過率、エネルギー性能、現地の建築基準などを考慮するべきであります。

5. U値とは何ですか?
U値は熱の伝わり易さを示す数値であり、単位はWm-2K-1です。U値が小さいほど建物外部の熱損失が小さく、エネルギー消費を削減することを意味します。また、パフォーマンスデータは、断熱ガラスのユニットだけを表示し、フレーム周りの熱損失を考慮しない為、一般的に、中央にある窓のU値と呼ばれています。

6. 遮蔽係数とは何ですか?
遮蔽係数は直射日光を遮断する割合を表します。 3mm厚の透明 板ガラスの遮蔽係数「0.87」として、それより数値が小さいほど室内に入る日射熱が少ないことを意味します。

短波遮蔽係数は、日射透過率または3mm厚の透明 板ガラス( 0.87)の全透過率でガラスの直接透過率(T)です。長波遮蔽係数はガラスが吸収したエネルギーを内部へ再反射することです。日射透過率でガラスの直接透過率を引いてから、3mm厚の透明 板ガラスの遮蔽係数(g-T ¸ 0.87)を割ることです。