ホームへ » 製品情報 » ソーラーガラス » 太陽電池パネル用バックシートガラス

太陽電池パネル用バックシートガラス

太陽電池パネル用バックシートガラスは、普通のフロートガラスが縁取り、穴あけ、焼戻しなど製造工程を通じて作られています。このガラスは、太陽電池モジュールのバックシートとして、支持体と保護部材の役割をしています。

特徴
このガラスは、優れた電気絶縁性と信頼性を持ち、衝撃や水に耐えることができます。また、耐候性と耐老化性が良いです。優れた耐震性及び太陽電池の破裂を効率的に保護することができます。太陽電池パネル用バックシートガラスは、様々なニーズに合わせていろいろなタイプが利用可能です。

技術仕様
最大加工サイズ 強化タイプ1100×1700mm、非強化タイプ2200×2600mm
板厚公差 ±0.1 mm (3.0/3.2/4.0mm)
コーナー加工 40°-50°、 2-3mm.
エッジ加工 C形
破片試験 50×50mm エリアで、破片が30個以上
耐熱性 200°C温度差を抵抗する

関連製品名
太陽電池支持体|中国製ソーラーキット|床用ガラス

お問合せ