ホームへ » 製品情報 » ソーラーガラス » 反射防止ソーラーガラス
inquiry form

ARコーティングなし

反射防止ガラスは低反射ガラス、ARコートガラスとも言います。先端のコーティング技術を使用して、低鉄ガラスの表面に1層の反射防止膜をコーティングすることで、効率的にガラスの反射率を低下し、透過率を向上します。単層のARコーティングはガラスの可視光線透過率を91%から93%以上に向上しています。ARコートガラスは太陽光発電と光熱産業で広く使用されています。

特徴
1.ガラスの外部表面にナノ材料で処理して、高効率のAR層を形成することで、ARコーティングなしのガラスに比べて光線透過率を2.0%以上向上させることができます。
2.焼戻し工程を行うことにより、ガラス層にAR膜を頑丈に積層されております。また、酸性雨や、湿気がある地域、寒冷地など様々な地域に適しています。
3.2000時間の老化試験により、透過率の明らかな減少がなく、使用寿命25年以上を実現することができます。

ARコーティングの技術的性能
試験項目 性能 備考
一般特性 外観
コーティング面が均一で、汚れ、キズ、斑点、ピンホールがなし

ガラスを白色光源の前に平らに置く、1000mmの距離で観察する
被膜硬度 ≥4H 標準:GB/ T6739-2006、"塗料及びワニス -鉛筆法により、被膜硬度を測定"
粘着 クラス 0 -
厚さ 100-160nm -
光学的特性 鉄含有量 ≤0.012% 標準:GB/ T1347-2008"ソーダ石灰シリカガラスの化学分析方法" 標準:GB/ T9723-2007" 化学試薬 -フレーム原子 吸光分析法"
光透過率 透過率増加: ≥2.0 % 380-1100 nm ISO 9050
耐久試験 機械荷重 試験 合格 IEC 61215
紫外線前処理試験 IEC 61215
熱サイクル試験 IEC 61215
結露凍結試験 IEC 61215
耐湿試験 IEC 61215
耐磨耗性試験 合格 EN 1096-2
耐酸性試験 EN 1096-2
塩水噴霧試験 EN 1096-2

関連製品名
住宅用太陽光発電シート|ソーラシート|太陽光発電システム製品

お問合せ