ホームへ » 製品情報 » ソーラーガラス » 薄型低鉄パターンソーラーガラス
inquiry form

ガラスーガラスモジュール

メリット
1.薄型低鉄パターンソーラーガラスは、高度な圧延技術を用いて製造されています。
2.より薄い厚さによりガラスの吸光度を低下し、光透過率を向上しています。2mmのM/ Mガラス用光線透過率が92%以上に達します。
3.半強化と強化後、一定の機械的性質を実現でき、太陽電池モジュールの要求を満足することができます。

光学的特性
厚さ(mm) テクスチャ 可視光線透過率 (380-780nm) PV太陽エネルギー透過率(380-1100nm) 全太陽光エネルギー透過率(300-2500nm)
2.0 M/M 92.0 % 91.9 % 91.7 %
P/M 91.7 % 91.6 % 91.4 %
2.5 M/M 92.0 % 91.9 % 91.7 %
P/M 91.6 % 91.5 % 91.2 %

開発傾向
薄型ガラスの焼き戻し技術の迅速な発展により、2mmガラスの使用はモジュールの重さを大幅に削減でき、輸送費用と設置費用を大幅に低減します。と同時に、経済型ガラスーガラスモジュールの用途が広くなります。

関連製品名
太陽光発電用ガラス|不透明ガラス | 家庭用ソーラーエネルギー

お問合せ